くまのすけの素浪人つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋の骨折り損〜3/17(土)ソワレ

<<   作成日時 : 2007/03/18 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

既に彼岸の入りとなり、3月も半ば過ぎました。
着実に観劇予定はこなしておりますが、ブログ更新を思いっきりサボっておりまする(^^;

『王子とこじき』『橋を渡ったら泣け』『TOMMY』と3作品の観劇終了しておりますが、レポは多分…その内に(T▽T)アハハ

さて。土曜日には2度目の『彩の国さいたま芸術劇場』プチ遠征でした。
演目は『恋の骨折り損』
前回のさい芸とはうって変わって、今回の演目は喜劇でしかもオールメール、つまりは全員男性のみの芝居です!
どんな美しい姫君が現れるのかがめちゃめちゃ楽しみでした。

〜ストーリー〜
 ナヴァールの若き国王ファーディナンドは、己が名声と国の発展を手にするため、臣下であり親友でもあるビローン、デュメーン、ロンガウィルの3人と共に 「3年の間、あらゆる欲望を捨てて学業に専念する」という誓いをたてる。国中に法令として発布されたその中身には、「1週間に1度断食をすること」「睡眠は1日3時間とすること」などと並んで、「女性には近づかず、恋もしない」という条項も含まれていた。そこへ折悪く、フランスの王女が3人の侍女、ロザライン、マライア、キャサリンを連れてナヴァールへとやってくる。病床の父王の代理として、両国の間の借金完済に伴う土地返還の交渉にやってきたのだが、件の法令があるために、国賓であるにも関わらず宮廷に入ることができない。そこで王たちは一計を案じ、野外に張ったテントの中で接見するが、なんと彼らは、それぞれが王女や侍女に恋をしてしまう。
  一方、宮廷には風変わりなスペイン人の旅行家アーマードが出入りしていた。彼もまた法に反してジャケネッタという村娘に恋をしてしまい、彼女あての恋文を田舎者のコスタードに託す。しかしコスタードは、ビローンからも侍女ロザラインに宛てた手紙を預かっており、取り違いが起きて全ての恋が発覚してしまうのだが……。


≪キャスト(敬称略)≫
ナヴァール国王ファーディナンド:北村一輝 、 フランス王女:姜暢雄
デュメーン:窪塚俊介 、 ビローン:高橋洋  、 ロザライン:内田滋
マライア:月川悠貴 、 キャサリン:中村友也 、 ロンガヴィル:須賀貴匡



で!
期待通りの姜くんの美しい姫(フランス王女)は、まるでディズニーのシンデレラ姫のようo(≧∇≦o)
そこへ同行のマイミクおもちさんが一言。“米倉涼子に似てる♪”…ドンピシャデスよ(^^)背も高いし。

いつものニーナ面子の洋ちゃんも内田くんもステキでカワイイしカッコ悪くてカッコいいの!
月川くんの美しさは言うまでもなく(≧▽≦)ゞあの後ろ体重にあの手つきにため息でございますよ(>_<)
王様の北村くんは、某ドラマのホストそのまんま?ぐらいにドレスシャツが…
窪塚くんのデュメーンは、芝居のホンの最初だけ『メガネ男子』なんですが、そのメガネ男子ッぷりにおいらはちょっとクラッと来ました(笑)

大きな柳の木の下で交わす恋の駆け引き。沢山の言葉遊びがとても楽しいデスよ☆
それに今回はあっとビックリ!の演出で、客席もノリノリ( ̄▽ ̄)v
客席通路を使うだけならいつも通りですけれど、いやはや確かに言葉遊びはコレも同じで韻を踏んでるわけですもんね〜

コレって何かって?
ラップでした、ラップ。
これがまた微妙な感じの方もいたりして…( ̄ー ̄)
ま。それがよいのだケドね(^^)

丁丁発止の言葉のやり取りが楽しい喜劇でした。
ナヴァール王一行は王女たちに手玉に取られておろおろする姿がなんとも楽しいんですが、最後、大団円が目前か!という時にフランス王崩御の知らせがもたらされ、一同恋の鞘当てで浮かれている季節が終わったと言う感じになるのが、とても余韻をもたらしてくれます。
王女は、「12の星宮がめぐった後(1年)に気持ちが変わらなければ私の元に来て下さい。それまでは世捨て人のように過ごして欲しい」と、それぞれ侍女たちもそれぞれの恋人に言い渡すのです。
浮かれ騒ぎのままではなく、ホンモノの恋を見つけようとしたんでしょう。
1年後の彼らを想像するのが楽しかったです。

あ〜もう一回観たいなぁー(>д<)

それにしても、あの舞台セットは美しく爽やかでした。
大きな柳の木、足元は柔らかな芝(多分;;)、花も咲き、まさに青春の象徴ではないでしょうか(*^^)


彩の国シェイクスピアシリーズの公式ブログは→こちら←です。


あ!この日の2幕だったかな?姜くん演じるフランス王女が、素で段差を踏み外し転げ落ちてました。(舞台の端が階段状で、2〜3段くらいをこけてました)
マジこけして、客席もどっと笑いがおきました。
足元は柔らかそうだったんで、怪我とかの心配は全然しなかったんですが…
それにしても大きな王女さま。
男性陣を煙に巻くのに、それぞれの思い人を入れ替えようと提案した王女。
王女とロザラインが入れ替ったんですが、ロザライン(内田くん)が入れ替る際に身長差があるので、まるで花魁が履くようなでっかい下駄!?を履いたのがものすごーく可笑しかった!

なんか、今回のシェイクスピアはとっても遊びがあって、これが取っ掛かりのシェイクスピアだって言う人にはは最高の芝居ですよ。


☆ランキング参加中!☆彡
1日1ぽちっとな!
ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フランス王女こけてましたねぇー。北村さんお目当てでしたが、皆さんすてきで、きらきらしちゃいました。未來くんの役者魂の舞台になっていた場所なので、それもうれしかった。同じ日の観劇でおもわず二度目コメントいたしました。また、おじゃましてもいいですか。
はぐ
2007/03/21 00:36
>はぐさん
見事なこけっぷりでしたね@フランス王女。
ホンと、皆さん芸達者な方ばかりでキラキラ☆彡ですね。
いつでも遊びに来て足跡残して下さいね!

ちなみにおいらは高橋洋ちゃんが一番お目当てで行きました(*^^)
くまのすけ
2007/03/21 00:57
ぐれこが観劇したいです。
きょうぐれこは、くまのすけとここで予定された。
きのうくまのすけの、彼岸とか更新されたみたい…
BlogPetのぐれこ
URL
2007/03/23 11:25
きょう、ここに観劇♪
ここでくまのすけと彼岸へ更新するはずだった。
BlogPetのぐれこ
URL
2007/03/30 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




恋の骨折り損〜3/17(土)ソワレ くまのすけの素浪人つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる